葬式

葬式が度々あると気持ちが塞ぐ

自分は健康で有ると思っているものの、短な人がなくなってしまうととてもショックを受けます。葬儀に行くと、自分と重ねてしまうことがあるのです。同年代の人が亡くなった時に、そのことをよく思うようになりました。自分もいつかなくなることが有る、その時にどんな葬式になるのだろうと思うことがあります。

自分の葬式の時には、どんな人が出席をするのだろうと思うことがありました。たくさん来なくてもいいので、短な本当に親しい人たちだけでいいと思うことがあります。葬儀では、出席をするときにほとんど知らない人のことが多いです。その時、無理をしてきている人もいるだろうと思ってしまいます。自分だって、そんなに知らない人の葬式の場合は、行く気持ちが薄くなっていることがあります。特に体調が悪い時などは、そんな気持ちが強くなります。そう思うと、親しい人たちだけで行う、そんなん葬式がいいのかもしれませんね。すると、なんとなく本来の葬儀という感じがします。