未分類

多様化するお葬式の形態

お葬式といえば、かつては自宅でお坊さんを呼んでするのが、当たり前でした。しかし、事情が変わり、セレモニー会館等で行う人が増えてきました。けれども、お坊さんを呼んで行う形態が普通です。檀家という感覚が、若い人々では徐々になくなっており、また、核家族化したことにより、本籍地以外で暮らしている人々が亡くなった場合は、そういう風な伝統を守ることも不可能になっています。お葬式費用、特にお坊さんに渡す金額については、この透明化された情報化時代になっても、お気持ちとか格付けなるものが存続しており、公にされる事は、まずありません。しかしながら、旧来の体質でない喪主等が、そのような事に憤慨しているというニュースをよく目にするようになりました。お葬式は、ビジネス化されていない数少ないジャンルであり、場所として提供されるセレモニー会館は、ビジネス化されていますが、お坊さん並びにお墓という部分は、非常に情報が少ないです。ただ、子供がいない家庭や墓を管理する人がいない等の問題があり、無縁仏や合同葬というニーズは、確実に増しています。それ同様、お葬式のコミコミパックを扱う業者も段々と増えてきました。アプリ等では、ワンストップサービスが当たり前の時代であり、コミコミパックで会場やお坊さんの手配され、しかも金額が明瞭化されているサービスは、今後ますます伸びることでしょう。一方、格式の高い檀家は、今までどおり継続するでしょうが、企業に登録して派遣されて生計を立てていかざるをえないお坊さんも今後は、増える事でしょう。