喪主の息子である夫が情けない

もう15年も前のことになりますが、嫁いですぐに夫の祖母が亡くなりました。

同居でしたが、ショートステイに行っていたのでたまにしか会えませんでした。

そしてすぐに老衰で亡くなってしまいました。

必然的に夫の父が喪主になりました。当然同居している夫が孫一同代表となるべきなのですが、それが困りました。

チャンスとばかりに喪服と称したスーツを新調したがったり、親戚があつまっても全然頼りないのです。

嫁いだばかりで、誰が誰かもわからないのに、放っておかれている私。

結局葬儀になってもそれは続き、妊婦であるのにヘトヘトになりました。

あげくのはてには喪主の息子であるのに、数珠を持っていないことに当日気づいたのです。

当の本人は全然気にしていないし、義理の母親もそれどころではない様子でした。

私が近くの葬儀屋さんに走って買いに行きました。とにかく葬儀では人格があらわになります。

ちゃんと責任を持った行動ができる人、人任せの人、など様々だと思います。

ドタバタすること必死なので、あまり無理をしないことが大切だと感じました。

PR|直葬はフローラルホール