葬儀

葬儀・葬式は亡くなった人の最後の儀式

人が亡くなった時に最後に行う儀式が葬儀ということになり、葬儀は葬式とも言われ、同じ意味合いで呼ばれるのが普通です。 葬儀は一貫した儀式のことで、通夜から葬式、告別式、更には亡骸の焼却、埋葬などと一連した流れを言います。

それでは、葬儀と告別式の違いは何でしょう・・?、葬儀は、普通には残された家族や親類、縁者が亡くなった人の冥福を祈るために営むものです。 一方、告別式というのは、厳密に言うと亡くなった人の友人や知人、会社関係者など以前にお世話になった方々の最後の別れをするために営むものでしょう。

本来ならば葬儀を終えたその後に告別式を行うのが普通ですが、ただ近年では、小規模な一般の葬儀は告別式と同時が省略して行う事が多いようです。 又、通夜は本当ならば夜通し徹夜で行うものであったが、近年では夜の一定時間に行われれ、一般の参列者も加わって、お坊さんの読経も1回のみが普通になってきています。

いずれにしても人が亡くなった場合には、どの様な形であれ葬式、葬儀は行われます。
其の儀式も、地方や田舎においては従来通りの賑やかな葬儀が行われているようですが、昨今では、特に都会ではより簡略化されてきて、家族葬などが増えてきています